二日酔いの一助に黒酢!-黒酢で血中エタノール上昇を抑制-

日々のストレス解消法のひとつとして食事のお供としてまた飲み会、冠婚葬祭、歓送迎会といった行事などになくてはならないもののひとつとしてお酒は私たちの生活の場で活躍していますが、そのお酒と上手くつきあえるようにここではお酒のアレコレやお酒に飲まれない飲み方などをご紹介します。

【目次】

お酒(アルコール)はどのようにして体を巡るのか

お酒を飲む→そのアルコールは胃で約20%小腸で約80%吸収される→吸収されたアルコールは血液に溶け込み肝臓に運ばれる→肝臓でアルコール分解(アセトアルデヒト→アセテート(酢酸))が行われる→酢酸は血液で全身に送られ筋肉や脂肪組織などで水や二酸化炭素に分解され体外に排出される

●では肝臓で全てのアルコールが分解されるのかというと・・・
肝臓に入ってきたアルコール全てがこのとき酢酸に分解されるわけではありません。
大部分は血液にのって全身に運ばれ、そして脳に達すると脳を麻痺させ酔った状態になるのです。

●ところで分解されなかったアルコールの末路は?
肝臓で分解されなかったアルコールは全身を巡って再び肝臓に送られ分解されます。

●顔が赤くなるのはアセトアルデヒドのせい?飲酒で顔が赤くなるのは要注意!!
アニメや漫画でもお酒を飲んで酔っぱらったサラリーマンの顔が赤くなったりしていますが、あれはお酒を飲んで血行がよくなっているせいではありません。

肝臓でアルコールが分解される過程でできるアセトアルデヒトは動悸や吐き気、頭痛などを引き起こさせる有害物質です。
そしてお酒を飲んだ時に顔が赤くなるのもこのアセトアルデヒトのせいなのです。
上記のような反応はフラッシング反応と呼ばれます。

肝臓の2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)によってこの有害なアセトアルデヒトは無害の酢酸にされるのですが、フラッシング反応はこの酵素の活性が弱い(低活性型)、活性が無い(非活性型)人がアルコールを飲むとでます。
お酒に弱い人はこの酵素が少ない人と言われています。

酔いの判定

血液中のアルコール濃度で酔いの程度を判定します。

【血中アルコール濃度:0.04%】
少し陽気
【0.05~0.1%】
ほろよい期。 理性をつかさどる大脳新皮質の活動が低下、本能や感情をつかさどる大脳辺縁系の活動が活発。
【0.11~0.15%】
気が大きくなったり、怒りっぽくなったりする。
【0.16~0.30%】
強い酩酊状態。小脳まで麻痺が広がり、運動失調状態になる
【0.31~0.40%】
泥酔状態。 海馬まで麻痺し、やっていることや起きていることを記憶できない
【0.41~0.50%】
麻痺が脳全体に広がり、呼吸中枢である延髄も危ない状態になる。死に至る危険も

●血中アルコール濃度の計算式
血中アルコール濃度(%)=(飲酒量(ml)×アルコール度数(%))/(833×体重(kg))

お酒の単位

酔いは飲んだ酒の種類や量ではなく、そのお酒に含まれる純アルコール量が基準となります。

●純アルコール量の計算式
純アルコール量(g)=容量(ml)×(アルコール度数(%)/100)×0.8 (0.8:アルコールの比重)

●ドリンク数って?
基準飲酒量のこと。
酔いの程度はお酒の種類ではなく純アルコール量に比例します。
そこでどれだけアルコールを飲んだのかわかりやすく把握できるように純アルコール量に換算してその基準となるものを基準飲酒量(1ドリンク)で表しています。
1ドリンク=純アルコール10g

お酒(アルコール)の働き

お酒は飲み過ぎると肝臓や胃腸に負担をかけ、また精神や神経にも悪影響を及ぼします。
日々の飲酒量が多いと、高血圧や不整脈などを起こし、心肥大や心不全に至ることも。また脳疾患や性ホルモン分泌の障害も引き起こします。

このように万病の原因となるお酒ですが、
少量のお酒は逆に血管を広げて血液の流れをよくし、つまりにくくするので脳梗塞や動脈硬化予防になると言われています。
また善玉コレステロールとよばれるHDLを増やしたりもします。

多量の飲酒は万病の元ですが、まったく飲まない人よりも適量のお酒を飲んでいる人のほうが死亡率が低いということも言われており、これをJカーブ効果と読んでいます。

適量を知ろう!!

純アルコール量20g(2ドリンク)が適量といわれています。
しかしこれはあくまで目安です。
体格や性別、遺伝的な酵素の有無などが関係して適量には個人差があります。
なので女性やお酒に弱い人は上記の量よりも少なめが適量となります。

酒は飲んでも飲まれるな-酢(黒酢)の働き

大人になると好むと好まざるとにかかわらず、お酒を飲む機会は無数にあります。適度なお酒は気持ちを楽にし、その場のコミュニケーションを円滑にさせますが、度を超した飲酒は自分の体に負担をかけるだけでなく、周りの人にも不快な思いや迷惑をかけてしまう結果になります。

お酒が大好きな人も嗜む程度の人も自分の体に負担がかからないよう上手にお酒を飲めるようにしましょう。

・自分の適量を守る。
・負担が軽減される工夫をする。
・自分のペースを守る。
・空腹の状態で飲まない。
・強い酒は薄める。

上記の【負担が軽減される工夫をする方法】のひとつに食酢の力があります。

【黒酢の健康機能-血中エタノール上昇抑制~悪酔い・二日酔い防止~】でご紹介したように、酢には胃の内容物の滞留時間を長くさせる作用があり、それによってアルコールの吸収が緩やかになり急激な血中エタノール濃度の上昇を抑制する効果があると言われています。
その他にチーズなどは胃腸の粘膜を保護する効果があるので飲酒する前に食べておくといいそうです。
お酒を飲む際には、このような負担の軽減を手助けするものを取り入れていくといいでしょう。

魅力的な成分がプラスされたおすすめ黒酢サプリメント

黒酢の基礎知識

香醋・もろみ酢

黒酢の効果って?

女性特集

押さえておきたい黒酢の飲み方

黒酢のススメ

黒酢に含まれる成分

もっと『酢』を身近に

記事一覧