『黒酢で健康美肌がうまれる』その理由とは?

人の肌の構造は表皮・真皮・皮下組織からできています。表皮は厚さ約0.2mmの薄い膜でできていますが、外部からの刺激が体内に入るのを防ぐバリア機能と内側の水分の過剰な蒸発などをふせぐ保湿機能という肌にとって大事な役割を担っています。これらを皮膚バリアー機能と呼びます。

大切な皮膚バリアー機能

この皮膚バリアー機能が壊れると、肌の水分が蒸発しやすくなり、そうなると肌が乾燥して乾燥肌や肌荒れ、敏感肌といったトラブル肌になり、しわなどが発生しやすくなるのです。またバリアー機能が壊れると外部からバイ菌などの異物が侵入しやすくなって肌がかゆくなり、かゆいからといって掻きすぎると肌が傷つきさらに皮膚バリアー機能がこわれるといった悪循環に陥ってしまいします。

このような皮膚バリアー機能が壊れた状態が続くと、ハウスダストやダニなどのアレルギーがでたり、またアトピー性皮膚炎になる可能性もでてきます。

皮膚バリアー機能が正常だと、肌の表面がなめらかで艶があり、内部は潤いと弾力に満ちた美しい肌となるうえ、乾燥や紫外線、異物による肌へのストレスに対して抵抗力がある状態となります。

黒酢に含まれるアミノ酸『グリシン』の働き

黒酢の効能は色々と言われていますが、その中に「黒酢は美肌をつくる」というものがあります。

その理由は、黒酢に含まれるアミノ酸のひとつのグリシンから来ています。グリシンは皮膚バリアー機能を改善する働きがあるとの研究成果がでています。

グリシン摂取前後における肌の潤い、皮膚バリアー機能、皮膚感受性(敏感度)の測定を行ったところ、グリシン摂取後の方が、肌の潤い、皮膚バリアー機能は高く、敏感度は低くなるという結果が認められ、肌質が改善されることがわかりました。

またグリシンは睡眠の質を高める効果も認められており、肌のターンオーバーは睡眠時に起こることから上質な睡眠は健康のみならず、私たちの肌にとっても大事であり、グリシンが肌への直接的・間接的な役割を担っているとも言えます。黒酢で美肌とは肌そのものがもつ機能を高めて外的刺激からの抵抗力をもたせ、トラブル肌にならない健康な美肌をもたらすことなのです。

女性に人気の成分がプラスされたおすすめ黒酢サプリメント