『黒酢で目覚めスッキリ』その理由とは?

朝なんだか目覚めが悪いと感じている人はかなり多くいるのではないでしょうか。
根本的な原因は睡眠不足です。また自分はそれなりに睡眠時間がとれていると思っていても、目覚めが悪いのは質の良い睡眠がとれていないことからきています。

睡眠不足がもたらすものは目覚めの悪さだけではありません。睡眠不足は心身に負担をかけ、日中は疲れを感じやすく、また判断力もにぶくなり、仕事や生活に支障を及ぼすばかりか健康にも影響を与えかねません。

睡眠中でも脳の機能が停止しているわけではありません。昼間に体を活発に働かせる交感神経から体をリラックスさせる時に働く副交感神経に役割が交代することにより、脳と体のメンテナンスを行うのですが、睡眠不足になるとそのメンテナンスがうまくいかずに体に不具合が起きてしまいます。

睡眠の仕組み

人は夜になると体の中の睡眠圧(睡眠の必要性)が高まり、眠たくなります。眠りに入るとノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返します。ノンレム睡眠には4つの段階があり、1→4に従って眠りが深くなっていきます。3,4番目の段階で脳をしっかり休ませ、成長ホルモンの分泌や疲労回復、細胞の修復を行います。このときの睡眠を徐波睡眠と呼びます。レム睡眠は脳が昼間と似たような働きをしています。人が夢をみるのはこのレム睡眠のときになります。

質の良い睡眠を取るには?

睡眠不足の原因には、
・加齢
・ストレス
・不安
・生活リズムの乱れ
・睡眠圧(睡眠の必要性)の低下
が挙げられます。

人は歳をとると睡眠の質が低下し、睡眠時間が短くなり、また眠りが浅くなります。ストレスや不安、生活リズムの乱れは脳の覚醒度を上げて入眠を妨げます。日中に活発に活動しないと夜眠りたいという睡眠圧の低下をもたらします。
これらのことが睡眠不足を招き、睡眠不足がこれらの発生原因になるという悪循環に陥っていきます。

不眠の原因を発生させないためには、質の良い睡眠が必要となってきます。質の良い睡眠とはノンレム睡眠の徐波睡眠のことです。

この質の良い睡眠を取る鍵が、黒酢の中に含まれるグリシンとよばれるアミノ酸のひとつなのです。

グリシンは体内でつくられる非必須アミノ酸のひとつで、エビやホタテといった魚介類に多く含まれています。

このグリシンを摂取したところ、睡眠時に徐波睡眠に早く到達するうえその時間も増えることが研究で明らかになりました。また質の良い睡眠をとるためには寝る際に、体の深部体温が下がりはじめたときに寝ると質の良い睡眠をとることができるとされていますが、
グリシンの摂取は手足からの熱放散が促進され、深部体温がすみやかに低下することがわかりました。

質の良い睡眠を取らせるだけなく、グリシンには起きる際の疲労感を改善することも確認されています。

黒酢の口コミで、飲んだあと目覚めスッキリというのは黒酢に含まれるアミノ酸のひとつグリシンのおかげだったのです。

質の良い睡眠をとることで朝の目覚めが良いと一日の活動が活発になり睡眠圧も自然と高まって、自然と質の良い睡眠が得られるだけでなく、日常生活の質も良くなっていきます。

魅力的な成分がプラスされたおすすめ黒酢サプリメント

黒酢の基礎知識

香醋・もろみ酢

黒酢の効果って?

女性特集

押さえておきたい黒酢の飲み方

黒酢のススメ

黒酢に含まれる成分

もっと『酢』を身近に

記事一覧