黒酢に含まれるアミノ酸の正体
~私たちの体との関係~

さて黒酢が支持される理由のひとつにアミノ酸が含まれていることがありますが、アミノ酸って一体何なんでしょう?

名前は聞くけど、その正体を詳しく知っている方は少ないと思います。

まずはアミノ酸がどういうものか、私たちの体とどんな関係があるのか、体に良いとか言われるけれど、実際どんな働きをしてくれるのかを見ていきましょう。

アミノ酸って何?

アミノ酸というのは一つのものをさす名称ではありません。分子内にアミノ基をもつカルボン酸の総称で、自然界にアミノ酸は500種類もあるといわれています。そのなかで私たちの体をつくるのに必要なアミノ酸は20種類です。

20種類のアミノ酸は9種類の必須アミノ酸と11種類の非必須アミノ酸に分けられます。

非必須アミノ酸は不足すれば体内でつくることができるのですが、必須アミノ酸は体内でつくることができないので、外部から摂取しなければなりません。必須アミノ酸、非必須アミノ酸にはどのようなアミノ酸があるのか下記にしるしておきます。

【必須アミノ酸】バリン・ロイシン・イソロイシン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・トリプトファン・ヒスチジン・スレオニン

【非必須アミノ酸】チロシン・システイン(シスチン)・アスパラギン酸・アスパラギン・セリン・グルタミン酸・グルタミン・プロリン・グリシン・アラニン・アルギニン

アミノ酸って私たちの体とどう関係するものなのか?

私たちの体の皮膚や血管、筋肉、内臓などの体の器官はタンパク質がもととなってできていますが、そのタンパク質を作っているのがアミノ酸なのです。私たちの体の20%がアミノ酸でできていると言われています。

またそう言った体の器官の材料だけでなく、運動や消化、呼吸などの生命活動の働きは酵素の力によってされていますが、この酵素もタンパク質からできておりアミノ酸が深く関わっています。

このようにアミノ酸は私たちの体や生命活動にとって無くてはならないものなのです。

アミノ酸が不足すると、私たちの体の機能に不具合が出てくるおそれがあります。

アミノ酸はバランスのとれた食事をしていれば、体にとって必要な分を食事から摂ることはできるのですが、偏った食事をしていると不足するおそれがあるので、そういう場合は普段の食生活を見直したり、忙しくなかなか食生活を改善することが難しい場合はサプリメントなどで補給するようにしましょう。

食事から摂ったタンパク質は消化器官でアミノ酸に分解され、小腸で吸収され肝臓へ運ばれます。そして各器官や筋肉などに運ばれ必要な働きをします。サプリメントなどはタンパク質と違って消化がはぶかれるため、吸収されやすいのですが、摂取するにしてもバランスが大事になってきます。

特定のアミノ酸だけとると体内のアミノ酸バランスが崩れてしまうので、サプリメントでアミノ酸をとるにしてもどんなアミノ酸がはいっているのか知るのが大事です。

黒酢サプリメントには私たちの体に必要な必須アミノ酸、非必須アミノ酸合わせて17~20種類程が含まれていると言われています。

黒酢の基礎知識

香醋・もろみ酢

黒酢の効果って?

女性特集

押さえておきたい黒酢の飲み方

黒酢のススメ

黒酢に含まれる成分

もっと『酢』を身近に

記事一覧